飲まない不要なお酒を売る方法はいくつかあります。
例えばヤフオクのようなネットオークションを利用しても売ることはできますし、最近流行りのフリマサービスを活用してもいいでしょう。
しかしそういった個人売買を利用するより、お酒買取り専門の業者に依頼する方が「手軽でメリットが大きい」ということはご存知でしょうか。

1.個人売買のサービスを利用してお酒を売るメリットとデメリット


イメージ参照元:http://affiliate-ruby.com/merukari_yahoo/

最近はヤフオクやメルカリのようなサービスが、完全に普及したおかげで、個人売買を利用しやすくなりました。
システム利用のための手数料さえ支払えば、誰でも気軽に個人売買をすることができます。
この気軽さは確かに大きなメリットです。

後から再販する買取業社に依頼するより、「自分で売った方が絶対に得だ!」と思う方もおられることでしょう。
しかしそういったメリットは、個人売買につきものの「トラブルや手間暇」に比べれば、大変些細なものです。
まず最も恐ろしいトラブルといえば「詐欺」です。
こういった事態に見舞われると、本来手に入るはずの売上金を受け取ることができないかもしれません。

また自分には悪気がなくとも、お酒に関する知識が足りないせいで、間違えた銘柄のお酒として売却してしまうかもしれません。
もしかしたら配送中にお酒の瓶が割れてしまうかもしれません。
当然購入したユーザーからはクレームが付くでしょう。
こうした個人間のトラブルに対し、システム提供側が助け舟を出すことはありませんので、自分で解決することになります。

2.お酒買取り業社にお酒を売るメリット

お酒専門の買取り業社を利用する最大のメリットは、余計なトラブルに見舞われることなく、安全にお酒を売れるという部分です。
また直接次のユーザーに売れる個人売買に比べ、買取価格が安くなってしまうのではないかと考える方も多いようですが、実はそんなことはありません。

買取業社は確かな知識を基にお酒を査定してくれるだけでなく、卸業者を通さない独自の販売経路を持っているので、お酒の価値に見合った高い査定額を提示してくれます。

確かにオークションサービスなどでお酒を売却した場合、落札額が大変高額に見えるかもしれませんが、実はもっと価値のあるお酒だったかもしれません。
また後から1割近い手数料を支払う必要があるため、額面通りのお金が手元に残るわけでもないのです。
また買取業社は無料で宅配買取を受け付けてくれるだけでなく、梱包キットも無料提供してくれます。

つまり個人売買では避けることのできない送料の負担や、お酒を送る準備とは無縁ということです。
そして何より嬉しいのが、「お酒をすぐに現金化できる」という部分ではないでしょうか。

個人売買では実際に落札額が手元に届くまである程度の時間が必要ですが、買取業社はお酒が手元に届いたら、すぐに買取額を振り込んでくれます。
お酒買取業社に依頼すれば、負担も手間も不要で、お酒の価値に見合った買取額を手にすることができるのです。