お酒の査定依頼をしたら、次は実際にお酒を買取業者に引き渡さなくてはいけません。
買取業者は快適にお酒買取を利用してもらうために、複数の買取り方法を用意しています。
それぞれの方法のメリットをご紹介しますので、自分に合った買取り方法を選んで、賢くお酒を売りましょう。

1.店頭買取りで即お金を受け取る


イメージ引用元:http://www.lv-liquor.com/utunomiya.html

自宅から行ける範囲内に買取業者のお店があり、かつ、お店の営業時間内に動ける方には、店頭買取がおすすめです。
直接お店にお酒を持ち込めるので、その場ですぐにお金を受け取ることができます。
また対面でバイヤーと会話することができるので、直接査定額アップの交渉ができることもメリットの1つといえるでしょう。

デメリットがあるとすると、自分でお酒を運ばなくてはいけないので、売りたいお酒の量が多いときは大変です。
また査定額に納得がいかなかった場合は、自分でお酒を持ち帰らなくてはいけません。

2.宅配買取りで自宅内で買取を完結する

普段から忙しく、時間があまりない方には、宅配買取がおすすめです。
配送業者が自宅までお酒を取りに来てくれるので、自分の時間を使ってお酒を運ぶ必要はありません。
また送料無料でお酒を送ることができるだけでなく、キャンセル時の返送料金も無料という業者も存在します。
金銭的な負担が全くないので、気軽に利用することができる買取方法です。

仮査定の方法もオンラインやメール、LINE経由で依頼することができるので、自宅から一歩も出ずに、お酒の売却を完了することもできます。
基本的にはメリットしかありませんが、強いてデメリットを挙げるとすると、お酒を送った当日にお金を受け取ることはできないことくらいでしょうか。

3.大量のお酒があるなら出張買取りを利用する

売却したいお酒の本数が大量にある方には、出張買取をおすすめします。
宅配買取と同じように、何らかの方法で仮査定を依頼後、自宅までバイヤーに出張してもらい、その場でお酒を買い取ってもらう方法です。
この方法を選択すれば、どれだけ沢山のお酒があっても、自分で運ぶ必要はありません。

またバイヤーがその場でお酒を本査定してくれるので、当日に買取価格を受け取ることが可能です。
デメリットがあるとすると、お酒買取りを依頼した当日は、必ず自分が立ち会わなければいけないことくらいでしょうか。

また直近の日付で自分と買取業者のスケジュールが合わなかった場合、出張してもらうまでに時間がかかることがあるかもしれません。