お酒買取りサービスを利用するなら、少しでも高く売りたいと思うのはあたりまえです。
この記事では、買取価格をアップさせる秘訣についてご紹介したいと思います。

1.売りたいお酒の見た目の状態を綺麗にする

お酒の査定額は、お酒の状態が良いほどアップします。
お酒そのものの状態ももちろん重要ですが、ボトルやラベルの状態も大変重要です。
ボトルやラベルが汚れていたり、傷だらけの状態だった場合、「このお酒はいい加減な方法で保存されていたんだな」と見なされる原因になります。

お酒は保存環境が悪いと劣化してしまうものです。
本当は環境に気を使って保存していたとしても、見た目の状態が悪ければ台無しになってしまいます。
ですので査定依頼を出す前に、お酒の清掃をしておくことをおすすめします。

こびりついているホコリがあるなら必ず落とし、取れる汚れがラベルについているなら除去しておきましょう。
また汚れているからといって、ラベルを剥がしてしまうのNGです。
場合によっては買取不能になることもありますので注意が必要です。

2.お酒の付属品は揃えておく

一部のお酒は、化粧箱やグラスといった付属品と共に販売されているものもあります。
こういった付属品が足りない場合、査定額がダウンしてしまうのです。
古本屋さんにCDやDVDを売るときに、ケースや歌詞カードなどが欠品していると、買取額が下がってしまうことと同じといえます。

また付属している品物そのものにも価値があり、業者によってはお酒本体がなくとも付属品単体での買取をしていることもあるくらいです。

例えば高級ブランドワインに付属しているギャランティーカードは、銘柄によって10,000円程度の買取額がつくものもあります。
コニャックに付属しているバカラクリスタル製の替え栓も同様です。

3.他にもまだある!査定額アップの秘訣

買取業社によっては、複数本のお酒をまとめて売ることで査定額がアップするキャンペーンを提供してる場合があります。
そのキャンペーンの内容は業者によりまちまちです。
「お酒○本以上のまとめ売りで10%アップ」といったものや「同じ種類のお酒を○本以上で10%アップ」といったものが存在しています。

またお酒は種類を問わず、劣化してしまうものです。
一部の長期熟成を見越してつくられている高級酒以外は、なるべく早く売ることをおすすめします。
劣化してしまうと、それだけお酒の価値が下がってしまうのです。