お歳暮やプレゼントでもらう機会が多いもの、というとお酒ではないでしょうか。
あくまでも貰い物なので、自分好みのお酒がもらえるとは限りません。
そもそもお酒自体飲まない方もおられることでしょう。

しかし頂き物を処分するのはそれなりに気が引けてしまうものです。
そういったお酒が手元にあるなら、一度「お酒買取りサービス」を利用してみてはいかがでしょうか。

1.お酒買取りサービスの特徴

このサービスは、お手持ちの不要になったお酒を、買取り業者に依頼して売却できるサービスのことをいいます。
今までもリサイクルショップや質屋など、お酒を買取してくれる業者はいくつか存在していましたが、そういった業者は特にお酒の知識を持っているわけではないので、よほど有名で高価なお酒でない限り、二束三文の査定額が提示されるのが関の山でした。
しかしこの記事でご紹介する買取業者は、お酒専門の買取業者です。

つまりお酒の査定を担当するのは、古今東西のあらゆるお酒の専門知識を持つバイヤーばかり。
お酒本来の価値に見合った高額査定を提示してもらえるのです。
また彼らは買い取ったお酒を再販することで利益を得ているのですが、一部の業者は卸業者を通さない、独自の再販ルートを持っていることがあります。

そういった業者は、卸業者に支払う中間マージンが不要なので、より高くお酒を買い取ることが可能です。
例えばお酒買取専門店ファイブニーズは、飲食店向けのコンサルティング事業を展開しており、その一環として買い取ったお酒を飲食店に直接販売しています。

2.お酒買取を依頼するメリット

不要なお酒をお持ちなら、積極的に売却することをおすすめしたいです。
まず「不要になったお酒をお金に換えられる」のはもちろんのこと、「お酒が占有していたスペースが空く」ことも大きなメリットではないでしょうか。

また最近はインターネット経由で買取を依頼でき、お酒を宅配便で業者に送るだけで買取ってもらえます。
送料無料の業者も多いので、手間もお金も不要です。

3.買取を依頼できるお酒の条件

「ちょっと家にあるお酒を売ってみようかな…」と思われた方のために、買取を依頼できるお酒の条件をご紹介しましょう。
まず1つ目の条件は「未開封のお酒」であることです。
2つ目は「消費期限を過ぎていないお酒」でなければいけません。
これらの条件に合致する不要になったお酒をお持ちなら、是非お酒の買取を依頼してみることをおすすめします。

手軽にできるから暇な時間にサクと査定!

「お酒は売りたいけど業者にお酒持ち込むような暇はない」という方にも、お酒買取りサービスはおすすめです。
お酒の買取り業者は、時間が限られている忙しい方のために、手間のかからない複数の査定方法を用意しています。
空いた時間を利用して、サクッと査定依頼をしてしまいましょう。

1.ホームページ経由で査定依頼

まず1つ目にご紹介する依頼方法は、業者のホームページから査定依頼をする方法です。
最近はどの買取業者も、自社のホームページを持っています。
そのホームページには、査定依頼をするための申し込みフォームが用意されているので、空いている時間があるときに必要事項を入力するだけで査定を依頼することが可能です。

しかし全てのお酒の情報を、文字情報で伝えなければいけないので、ある程度お酒に詳しい方でないと、お酒の正確な情報を伝えきれないかもしれません。

2.メールで査定依頼

2つ目の依頼方法はメール査定です。
こちらの方法の最大のメリットは、お酒の写真を撮ってメールに貼付することができるので、お酒の知識が少ない方でも、お酒の状態を正確に伝えることができます。

空いた時間を使ってお酒の写真を撮影するだけですので、忙しい方にはピッタリの方法ではないでしょうか。
「でもいちいちパソコンから送るのは面倒…」という方には、次にご紹介する方法がおすすめです。

3.LINEで査定依頼

おそらく最も手軽な依頼方法がこのLINE査定です。
スマートフォンをお持ちの方なら、ほとんどの方が利用されているであろうLINEを使って査定依頼をすることができます。
スマートフォンでお酒買取のホームページを表示したら、買取業者が用意している「LINEの友達追加ボタン」をタップし、追加されたアカウント宛にメッセージと写真を送るだけ。
これならスマートフォンだけでスピーディーに査定依頼をすることができます。

4.電話で査定依頼

最後にご紹介する方法は電話査定です。
ある程度お酒の知識がある方向けの依頼方法ですが、他の方法とは一味違ったメリットがあります。
それは「価格交渉ができる」という部分です。

文章や写真だけでは伝えきれないお酒の保存環境などの重要な情報を、バイヤーに直接言葉で伝えることができます。
当然買取業者の営業時間中に連絡しなければいけませんが、話術に自信のある方なら、他の方法より高い査定額を引っ張り出せるかもしれません。